SBIFXトレード
豪ドル円0.77銭、ランド円0.99銭(1万通貨注文まで)・・・FX業界最狭水準スプレッド SBI FX トレード


2011年08月04日

米10kg 2480円 送料無料 (通販)




節約好きな私にとって飛びつきたくなるものを見つけたので載せてみました。

今年収穫されるお米に万一トラブルがあった場合の
混乱(出荷停止や値上げ等)が少し心配になってきたので
楽天などの通販で米を探してみたところ
10キロで2480円、しかも送料無料というお店が見つかりました。
訳ありというのはブレンド米で粒が小さく不揃いということらしいですが
4000件以上あるレビューの平均値が5.0中4.5と評判もかなり高く
購入者にとって満足度の高い商品となっています。
もちろん平成22年産ですから安全性も問題なく安心して食べられます。
ということで先ほどポチしてきました。


追記:8/6に届いたものをアップしておきます。
110806-2.JPG 110806-1.JPG 110806-3.JPG
posted by FXスワップ大好き at 15:01 | Comment(0) | 日記

2010年03月10日

フォレックトレード

低スプレッドで人気のフォレックストレードですが、
スワップもFX業界最高水準です。

スワップ金利が高いことで人気のセントラル短資と比べても、
かなり有利です。勝っています!

2010年2月22日時点でのスワップポイントは、
【フォレックトレード】
ドル円 5
ユーロ円 5
ポンド円 7
豪ドル円 88
NZドル円 54
南アランド円 22

フォレックトレードはスプレッド、スワップ金利の両面から見ても
業界トップレベルのハイスペック業者と言えるでしょう。
posted by FXスワップ大好き at 02:20 | 日記

2010年03月04日

踏み上げられた

昨日夕方ドル円94円超えて過熱感が出てきたので
もういいだろうとSしたらさらに上昇クルー!
結局今も救われず95円も超えちゃってホールド中よ
posted by FXスワップ大好き at 15:42 | 日記

2010年02月23日

DMM証券

DMM証券は素晴らしい。なぜならスプレドが0だからだ。そりゃいつもぜろっていうわけじゃないけれど。時間が長い。一瞬ではないのだ。だから0の時にエントリーして約定する。それに、レートが動く時もbidask一緒に動くことも多く見せ掛けだけのスプレッドではないことに気づくだろう。これであなたもわたしもDMM証券のとりこなのさ?でもさくそ銀行だけでどうやってこのスプレッドを実現しているのか摩訶不思議なものである。
DMM証券はこちら
posted by FXスワップ大好き at 20:00 | 日記

2009年05月24日

1000通貨(0.1枚)のFX業者さん(手数料無料)

0.1枚(1000通貨)取引可能なFX会社さんでかつ手数料無料でできるFX業者さんはとても少ない。
いまのところ、『FXブロードネット』ヒロセ通商の2社のみのようだ。
他にも1000通貨可能なFX会社はあるけれど、手数料が無料なところは上記2業者以外はいまのところ皆無だ。割りに合わないのだろう。
だが、1万通貨でのFX取引は1日ですくなくとも数万円の値動きのリスクがある。これはサラリーマンの日給以上だ。正直1日で何万も損してしまうと、その日一体何のために働いたのか、明日何のために働くのか、絶望に打ちひしがれることになるだろう。そして、ムキになって損失を取り替えそうとして、さらに大損、取り返しのつかないパターンにはまるのが目に見えている。
だから、我々一般庶民は1000通貨(0.1枚)からFXを始めるのが適しているのではないだろうか。これなら枚数張らなければ一日数千円の損失で済ませることができるし、損切りができなくても損が膨らむスピードも単純に考えて1万通貨の10分の1だ。
FX業者さんには、その辺目をつけて1000通貨(0.1枚)でかつ手数料なしサービスに積極的に参入してくれることを願っている。
タグ:業者
posted by FXスワップ大好き at 09:34 | 日記

2009年05月19日

損切りできない人間はFXに向いていない

マイのようなFXに向いていないと言われる人間、
現にコメント欄でバカにお前向いてないと言われた。
自分に会ったこともないくせに何が「お前」だ。
バカじゃねーのか?

って元に戻るが、とにかく自分も含めてFX初心者の人は
利益確定はこまめにするが、
含み損が拡大しても損切りできない人が多い。
そこで含み損についに耐えられず投げて大損確定っていうパターンに陥りやすい。
つまり利小損大、コツコツドカンである。
もちろん自分もだ。
昨年の8月にポンドルを1.92台に急落したときに
「わぁー安い」と衝動的に買い、以降ズルズル下げ、それまでの利益を1回で吹き飛ばしたことが記憶に新しい。

しかし最近はその損切りできないことを逆手にとって
できるだけ過去最安値(最高値)に近い通貨ペアをセレクトして
トレードするようにしている。1000通貨でポジって曲げたら一定間隔でナンピンするのだ。
もちろん最安値を更新することも想定しなければならない。
AUD/NZDについては現在1.28で最高値1.36まで800pp、EUR/CHFは最安値1.43まで800ppの余地しかなく、損切りできない派にとって絶好の通貨ペアではないかと思う。
EUR/CHFを100pp下がる度に1000通貨ずつナンピン買い増ししていった場合、最安値1.43まで下落しても36,000円の損失に抑えることができる。(1スイスフラン100円で計算)途中ポジが+100ppの益で決済した場合は、1.43までの下落途中で何度か利確していることも考えられるからその場合はもっと損失は少ない。プラススワップの場合はさらに少なくなる。
一方、昨年やらかしたポンドドルにこれを当てはめてみると過去10年の最安値は1.35くらいだから1.92で買って1.35まで下落した場合5700ppもの下げとなり、損失額は単純計算で1,653,000円となる。(1ドル100円計算)
この差はでかい。
今後こうやって下げ余地を常に頭に入れておきある程度のリスクを想定しておけば損切りしない派もありではないかなと思っている。ただ、相場は何が起こるかわからないからそれを覚悟の上でやらなければならない。昨年のアイスランドのように取引停止っていう例もあるし、最安値を大幅に更新っていうケースもかなりあったからね。
一方、一般的に推奨される損切りだが、損切りするっていうことはそれだけトレード回数が多くなるわけで、その分スプレッド(手数料)を損することになるわけだから損切りすればするほど不利になっていくような気がするのだが、気のせいだろうか。
posted by FXスワップ大好き at 06:42 | 日記

2009年05月15日

利小損大でもいつか勝ちたい〜FX初心者のたわごと

利小損大つまりコツコツドカンでも最終的に(できれば各年の12月末に)FXで利益が出ていればよしとしたい。自分の場合、数十ppくらいの益で決済、含み損はいくら増えても損きりしないというスタイルに変わりつつある。
ほとんどの人は利小損大でなく損小利大を勧める。だが、それが実際できるのは一部の人だけではないのか。少しでも利益が乗ると決済したいっていう気持ちは性格的なものも多分にあるのではないか。だとすると、やはり実践できない人はどうやってもできないのではないか。だから、自分は利小損大でも勝てるにはどうすればよいのか、探ってみたい。
いちおう言っておくけど損大っていっても「含み損が大」の意味で損切りはなるべくしないで済む方法を考えたい。
posted by FXスワップ大好き at 08:36 | 日記

2009年05月10日

デンマーク政策金利推移を調べてみた

EURDKKの取引を検討するにあたり、
デンマーククローネの政策金利推移を調べてみた。
そしたら、2008年9月の金融危機が起こるまで
デンマークはユーロに比べおおざっぱに見て約0.25%高い政策金利だったのだ。
金利差が大きくなったのは10月からだ。
うーんこれはまずいのかな。
ていうことは素人考えで
金融危機が落ち着けばまたほぼ同じ金利になるということではないだろうか。
今盛んにユロデンブログがはやっていあるけど、
いずれユーロとデンマークの金利が縮小しそれとともにスワップも縮小もしくはマイナススワップに転換することもあるのではないか。
(2009/5/10現在政策金利、デンマーク1.65%、ユロ1.00%)
それにデンマークがEURO加入すればもうDKKという通貨はなくなるわけだし。
その時はどんな通貨ペアが流行しているのだろうか。
再びUSDHKDが脚光を浴びはじめそうかな。

EUR/DKK過去10年チャートも調べてみた。
EUR/DKKペッグ制範囲(7.40638を中心に変動率±2.25%で上限7.62823、下限7.29253)
090524eurdkk.gif
posted by FXスワップ大好き at 15:45 | 日記

2009年04月21日

落ちるナイフをつかもう

今日は久々ナイアガラ円高、
とりわけユーロ下げているな、オーストラリアドルは今日は最弱だな(3円下げて久々の68円台)と思ったが
豪ドルに限ったことではなかった。
他の高リスク?通貨も軒並み下落しているのだ。
ハンガリーもそうだし特にスウェーデンクローナの暴落が顕著だ。
なぜに先進国のスウェーデンがって思うのだけど。
日足チャートみてSEK/JPYはのどから手が出るほど落ちるナイフをつかみたい通貨ペアだ。落ちるナイフをつかむなって言われても体が勝手に反応してしまう。
ただ金利的に魅力があるのはハンガリーフォリントだし
今日政策金利9.5%据え置きということなので
LIONFXでHUF/JPY試しに買ってみた。初めてのHUF買いだ。
が、スプレッド広すぎでいきなり64ppもの損失ときた。
(BID41.96に対しASK42.60)
これじゃ南アフリカランドより全然広いわ。。。
しかしあれだな、ランドはこんな状況の中でも強いわ。
去年の10月に8円割れで取引危機になってからはずっと安定してるわ。
オリンピックを控えているってこともあるのだろうか。
posted by FXスワップ大好き at 01:18 | 日記

2009年04月01日

無限ナンピンFX計画

豪ドルを70円で0.1枚、68円に下がれば0.1枚、66円で0.1・・・
と2円下がるごとに買い増しするのだ。んで2円上がれば決済と。
そうすれば、私めの試算によると
オーストラリアドルが最悪10円になったとしても損失は100万を超えることはない。
つまり100万資金があればダイジョウブ!しかも10円まで行くのは一直線でない、
ジグザグしながら落ちていくからその間なんども利確しているから損失はもっと少ない。
そして70円に戻せば全ポジ決済してスワップ込みで利確して
莫大・・でもないけど利益が出せるってワケ。
こんな技はFXブローネットでないとできない。ライオンFXでもいちおうできるけどスプレッドが少し不自由か・・・。
まだやってないけど本気で検討中。
NZドルでもいいけど若干通貨リスクの心配がないでもないので。
posted by FXスワップ大好き at 18:04 | 日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。